リノベーション現場ブログ

アーカイブ

アガル、キッチン

こんにちは。

兵庫県川西市をベースに周辺地域のリノベーションやリフォームを行っている「りのべイズム」です。

先日行ったキッチンリフォームのお客様が、

メーカーのショールームにご家族と行かれて選んだ(キッチン扉の)色について、

少しだけ過日のブログに書きました。

その時の色は「黄色」。

黄色という明るい色に決めた理由は、黄色い花を見ると気持ちが晴れやかになるから。

ショールームに行くと、色々なシリーズの商品がありますし、

カラーサンプルもたくさんありますし、目移りしてしまうこともあります。

が、このお客様は最初から黄色と決めていらっしゃり、

(目移りして)一旦は他の色を選んだものの、最終的にはやはり黄色に決めました。

そこで施工したものがこちら👇です。

明るい黄色に見えますが、実際は画像より少しだけ落ち着いた、お部屋になじむような黄色です。

(メーカーのカラー名はソリッドイエロー、ワークトップはシルフィーベージュの人造大理石、

取手はアクセントに黒、そして今回の工事で床もヘリンボーンのタイルに替えました。)

築36年くらいのお家ですので、改修前のキッチンは前時代的な壁付キッチンでしたが、

この際に対面式にしたい、そして明るい気持ちになるような色にしたいというご要望で、

思い切ってイエローのキッチン扉、同色のエンドパネルにしたら、

施主様より「やって本当に良かった!」と嬉しいお声と笑顔を頂きました。

工事をする側のこちらも、こういうお声を直接お聞きするとうれしさで満たされます(^^)

ちなみに、こちらのお宅のキッチン↑はL字ですが、

ダイニングスペースは対面式の反対側にありますので、

キッチン内に入らない方にとっては、黄色が見える面積はこの画像ほどたくさんではありません。

キッチン内でよく作業をする方がどんな気分になるか、を考えての色選びですね。

皆さんは、キッチンに立つとき、どんな気分になりたいですか?

落ち着いた色や、カッコイイ系のインテリアが好きな方も、

ナチュラルな木目調をお好みの方も、清潔感のある白で統一したい方も、

色々いらっしゃいますね。

リフォームやリノベーションの際には、お部屋全体のバランスや

実際にそれを使う人がどんな気分になるかも考えて、

長く愛用できるものや色合いを選びたいものですね。

さて、一例としてこのメーカーの他の施工例も、参考までにどうぞ↓
(画像はメーカーの公式ページのものです。)